今日は、格安スマホ(アンドロイド)を使う時、データ通信量の確認方法と通信量制限方法についてお話します。

格安SIMを使う場合、使った通信データが規定値を超えたら、速度制限がかかってしまうので、自分が今どれぐらい使ったのか、やはりきになりますよね。

また、規定値が超えてしまったら、さらに通信を使いたい場合は、追加料金でデータ追加できますけど、やはり料金が割高になってしまいます。

では、こういう余計な出費を避ける為に、どうすればいいでしょうか?

実は、アンドロイドにはデータ使用量の確認とデータ使いすぎの警告機能があるので、ちゃんと活用すれば、そういうことを避けれます。安心してください。

では、設定方法とかを説明しますね。

1.「設定」メニューを起動

Androidのスマホは「設定」メニューから確認できます。

「データ使用量」をタップすると、次の画面が表示されます。

2.使いすぎ通知を設定

 

「モバイルデータ」の機能を「ON」にして、下にデータ使いすぎという警告ラインを自分で設定できます。

もし、月3Gが契約している場合、余裕をもって2.5Gに設定したほうがいいでしょう。

また、その下の緑の山みたいな部分は今月で使ったデータ通信量です。

ちなみに、自分が使ったデータ量が設定している警告ラインに超えると、

下記のように「データ使用警告」という使いすぎ警告通知がきますよ^^

 

3.データ使用上限量を設定

下の画面のように、データ使用量の「モバイルデータの上限を設定する」のところを「ON」にすれば、

その前の警告ライン以外に、もう一つのラインが出てきます。

そのラインを動かすことによって、上限通信量の制限ができます。自分が使った通信データ量が上限値に達した場合、モバイル通信が止めてくれるので、若干余裕をもって設定したほうがいいかもしれない。

管理人は3.1G/月の契約なので、いつも上限値を3Gで設定しています^^


ちなみに、この機能を有効すると、下記のように確認画面が出ます。

その時、「OK」をタップして大丈夫です。


これで、設定完了です。安心してネットの閲覧とか、LINEのやり取りなどをできますね。

知らないうちにデータ使いすぎちゃった~みたいなこともないと思います。




ぜひぜひ、活用してくださいね。

もし、この記事が役が立ったと思ったら、↓ぜひ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 通信費節約へ
↑応援クリックをお願いします^^